読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会と田舎のあいだ

茨城県稲敷市での生活日記

魅力はまだまだ眠っている

稲敷市での日常

f:id:tokaitoinakanoaida:20151001150415j:plain

茨城県は、今年も魅力度ランキングで3年連続最下位です。

 

そうは言っても私にとっては魅力的な地。

 

まだまだ、世間の人が知らない茨城県の魅力が沢山あると思うんです。

 

元々、茨城県民の人は

「ま〜東京も千葉も近いし、特に人に来て欲しいとも思わないなぁ」と言う人が多い。

 

今の生活に満足しているからこそ、PRも下手なような気がする。

 

海もある、山もある、湖もある、森もある、滝もある、温泉もある、動物園もある、遊園地もある、大仏もいる。

 

魅力はまだまだ眠っている。

それをどうアピールするか。

 

魅力の無い県と言われる所で、私は魅力を探す仕事をしている。

 

魅力のある県で、魅力を探す仕事は逆に大変だと思う。

多くの人がその土地の魅力をもう知っているのだから。

 

でも、魅力の無い県で魅力を探すのは「自分が魅力的だ!」と思えば、

それが魅力に変わる事ができると思う。

 

まだまだ、眠っている。

茨城県は宝の山!

沢山、掘り出すぞ!!!!