読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会と田舎のあいだ

茨城県稲敷市での生活日記

帰る故郷を戻る故郷に。

f:id:tokaitoinakanoaida:20150825160140j:plain

 

お盆の最後の日に、

小学校の同級生と集まることになった。

多くの同級生が中学生ぶりのなか、

話していくうちに、忘れていた思い出が蘇る。

 

何かのドラマに出てくるみたいに、

「小学校行ってみる?」と話になり、

同級生の車に乗り込み、小学校の通学路を車で走る。

 

「あれ?こんなに道狭かったっけ?」

「あんなに長く感じた道、車で通ると早いんだね」

「昔、ここの広場で寄り道してたよな」

といろんな記憶が溢れ出てきていた。

 

小学校に着くと、

よく遊んでいた校庭やミニ水族館などは変わっていたが、

校庭の遊具などは今も残っていた。

 

茨城県を9年離れていた私は、

9年間小学校の記憶を出すことはなかった。

 

茨城県に戻って来たからこそ、

今回皆に会うことができ、

自分を改めて振り返ることが出来た気がした。

 

聞くと、多くの同級生が茨城を離れ仕事をしているという。

私が茨城県に戻って地域おこしの仕事をしようと思ったのも、

茨城県の良さを知ってもらいたい!』『自分の故郷を盛り上げたい』

そんな気持ちからだった。

同級生たちが、「茨城に戻ろう」と思えるように、

少しでも茨城の良さを伝えていければと思う。