読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会と田舎のあいだ

茨城県稲敷市での生活日記

帰れる距離感

たまに外に出て


茨城県を離れて9年が経っていた。

高校から家を出て、
全寮制の高校に行き、
大学は東京に行き一人暮らし、
仕事は島根県

なんとなく、距離がある事で実家には大型連休以外帰る事は少なかった。

島根県での仕事を始め、
地域の人との交流があるからか、
家族について考える事が多くなった。
協力隊の中には、
都内で働いていたが親が心配で帰って来た協力隊もいた。

この仕事で
「故郷」について考える事ができた。

それでも、実家に帰る事には抵抗がある。
今まで、自分のペースを作ってきた私には実家は自分が甘えてしまう場所に思えた。


今、茨城に帰り
稲敷市で一人暮らしをし、
何かあれば実家には30分。


今まで、親は元気だろうか
無理はしていないだろうかと心配していたが、
なんとなくホッとする。

今日は久しぶりに家族で出かけた。

帰れる距離感て大切だったんだ。