読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会と田舎のあいだ

茨城県稲敷市での生活日記

美味しいものを食べると笑ってしまう~燻製ワークショップ~

先日、稲敷市の養豚家の鹿熊さんに依頼して燻製のワークショップを開催しました。鹿熊さんは豚をただ育てるのでは無く、消費者(食べる側)にどれだけ美味しい肉を提供できるかいつも試行錯誤を繰り返しています。 そんな、鹿熊さんが作る燻製ベーコンは風味…

自然の草花で染める

染物はやってみたいけど、素人では出来ない印象。 それに、「決まった、草花しかどうせそまんないんでしょ?」 「色々、準備が必要でしょ?」とか思って、 なかなか染物にチャレンジできませんでした。今回、茨城県南のママさんチームひだまりの街プロジェク…

リトル・イナシキ

「あなたの生活や感性を見ていると、リトル・フォレストの映画みたいだね!」と言われた。 映画を観たことが無かった私は、何だか実感がわかなかった。 たまたま、お正月に実家に帰り録画したビデオ欄に「リトル・フォレスト」が録画されているのを見つけ観…

羊から糸をつむぐ

稲敷市の市役所の正面の小さな森の中に『かき氷カフェポニー』 という素敵なかき氷屋さんがあります。 カキ氷屋さんといっても春夏秋冬と季節に合わせトッピングも変わり、 カキ氷で四季を楽しめる素敵なカキ氷屋さん。 そこは、鶏・ヤギ・羊・ポニー・馬・…

憧れのサマーウォーズの食事風景が現実に!

久しぶりのブログです。 11月20日(日)に、稲敷市の新利根中山にある古民家でイベント『ひなたぼっこ~はじめの会』を開催しました。 「古民家で流れるゆっくりのんびり皆で過ごす」をコンセプトに、おにぎりのワークショップや手仕事ワークショップを…

ワークショップ企画で広がる世界

いつも、ワークショップをしてくれる人を探したりすることが多いのですが 今回初めて、自分自身が講師の『ゆきとすみれのこびとの庭』ワークショップを開催しました♪ このワークショップは、カフェぼっくりさんと小中学校の同級生で絵描きさんをやっているY…

大槻鉄砲火薬店に行ってみた!

前から、稲敷市内の江戸崎にある『鉄砲店』の看板 気にはなっているけど入りにくい・・・・ そんな人多いんじゃないでしょうか? たまたま、私は島根にいた時に罠猟の免許を取っていたのを知った地域の方にご紹介いただき念願の『大槻鉄砲火薬店』に行くこと…

稲敷カキ氷スポット!~これを食べなきゃ夏が始まらない!~

今回、私がおススメする稲敷カキ氷スポット! 『まるで海の家のカキ氷屋~霞ヶ浦を見ながらのカキ氷~』 『いりえ山源売店』 住所:茨城県稲敷市浮島5020 電話029-894-6909 営業時間:10:00~17:30(LO.17:20)※夏季限定営業 昔ながらのカキ氷を提供している…

田んぼでネギが栽培できる?!~乾田直播栽培~

稲敷市で、田んぼで米じゃなくてネギを栽培している農家があるということで、伊佐部へ! 株式会社ファームサンアイの代表取締役の黒田さんに話を伺いました♪ 稲敷市の伊佐部地域では、昔から乾田直播栽培でお米を育てていたそうです。 乾田直播栽培とは、畑…

稲敷から海外へ直行できる!!~高速バス運行実証実験7月16日からスタート~

ずっと、思っていました。 毎日のようにすごい本数の飛行機が稲敷市の上空を飛んでいきます。 稲敷市は旅行好きには、成田空港から近くて最高の場所。 私も海外・国内と年に4回以上は旅行をするので、 稲敷市に住み始めてますます旅行に行くようになりまし…

なぜ、地域おこし協力隊になったのか?

「地域おこし協力隊」とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移し、「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。 活動期間は、1年以上~3年以下となっています。 21年度当時協力隊も89…

ちんどん屋って知ってる?

皆さん『ちんどん屋』て知ってますか? 元々は、お店や商品を販売する広告業で背中に広告を背負って演奏しながら街を練り歩くことらしいです。 ちんどん太鼓と呼ばれる、鉦と太鼓が組み合わされた楽器が特徴的です。 私は今まで、サザエさんの漫画でしかちん…

お裾分けとお福分け

最近、なんだかダラダラグチグチイライラ・・・・ 良くないなぁ 良くないなぁ と思いながらも 仕事が終わって家に帰ってダラダラして なんとなく、携帯を見ると・・・ 地域のおばあちゃんから不在着信 おお! と思い掛けなおすと 「この前、お話しした江戸崎…

一瞬の輝きで魅力を再発見

少し前にやった街歩き、 その時、地域の写真家のMariさん(スナップラボ)が撮ってくれた写真を見返していると、心があたたかくなります✧*。 私は写真に詳しくは無いのですが、 Mariさんの写真は一瞬の輝きを捉えているような気がします♡ 古いクレヨンの箱を…

まるでニュージーランド!~稲敷市の森にあるカキ氷屋さん~

稲敷市役所の向かいにある森の中に 小さなカキ氷屋さんがあります。 カキ氷の種類もこ~んなにあるんです♪ 地元産の苺やトマトを使用したソースは絶品です。 私が一番好きなカキ氷がこちら! *生トマトのクリームチーズソース&ヨーグルトソース* 毎年季節…

飛行機が近い稲敷だからこそ楽しめるアプリ

稲敷市は成田空港から車で約40分の近距離です。 なので、飛行機がめちゃめちゃ近いんです! 家の中にいても飛行機独特の「ヒューーー」という音が聞こえて、 キョロキョロ外を見ると飛行機のお腹がしっかり見えます。 飛行機好きにはたまらない距離感♡ そ…

稲敷を味わう♡鹿熊豚

稲敷市にある養豚場を経営する鹿熊さん。 鹿熊さんが口癖のように言うのが、 「特別な事はしないで、どれだけ美味しくできるか」探究心がある鹿熊さんの言葉だから納得がいく言葉だと思う。 今回は初めて鹿熊豚を食べるという事で、 豚の味をしっかり味わえ…

大杉神社には千と千尋の湯婆婆の部屋がある

今日は観光案内で大杉神社さんにお邪魔して、 運良く宮司さんに会う事ができました。 少しお時間があるという事で、 神社の裏にある事務所の二階でお話しさせていただきました。 この客間なんですが、 なんだかどこかで見た事があるような・・無いような・・…

レンコン畑で風の声を聞く

今日は東京からレンコン植え付け体験に来るという事で、 写真撮影に高木農園さんにお邪魔してきました。 広大なレンコン畑が広がる稲敷市の浮島地域の景色は、 どこか異国を思わせる水面が輝く地域です。 そんな今日は、午前中は雨だったのですが午後は晴れ…

江戸崎ちんどん倶楽部

今日は、稲敷市に引っ越して来た頃から始めた、 江戸崎ちんどん倶楽部の初めてのお披露目の場をいただきました! 稲敷市の姉妹都市である、 カナダのサーモンアームとの交流の場でのお披露目だったのでとても緊張しましたが、 楽しく演奏することができまし…

廃校が野菜工場に生まれ変わる

全国的に子供の減少で廃校が増えるなか、 廃校活用が多くの自治体の課題となっている。 茨城県稲敷市にある2013年に廃校になった新東小学校では、 2015年の3月末から野菜工場に生まれ変わる準備をしています。 先日、運営を行うTWマネージメントと…

ジャガイモで繋がる

昨日、ジャガイモを植えました。 男爵といんかのめざめという品種です。 ジャガイモを植えていて、 映画「おおかみこどもの雨と雪」にもジャガイモを植えるシーンがあったのを思い出しました・・・ なかなか上手く野菜が育たない主人公に、 村の頑固爺さんが…

たまに少し休んで・・・・挑戦し続けることが大事

「何事も挑戦し続ける事が大切」 たまに壁を感じて止まってしまう事がある。 今回の壁は、今仕事で更新している、 稲敷市の移住・定住ポータルサイト アクセス数に伸び悩んでいること・・・・ 「なぜ?」 「どうして?」 と悩んでもそのページを多くの人に知…

えどさき雛まつり~商工会婦人部の力~

明日で最終日となってしまいましたが、 江戸崎商店街では雛まつりの雛人形が沢山展示されています。 各店舗に、手作りの雛人形や雛飾りが並び、 遠方からも沢山の人が訪れる大きなイベントです。 商店街に並ぶ雛人形は、 各店舗のお母さんたちが仕事終わりに…

いなのすけどら焼き

最近小学校の国語の教科書に『町の幸福論~コミュニティデザインを考える』という授業があるらしく。 稲敷市にある鳩崎小学校の6年生の教室で地域おこし協力隊として話す機会をもらった。 鳩崎小学校の6年生は現在19名で、小学校は来年度には廃校になる…

文章書くのは苦手だけど

お題「ブログをはじめたきっかけ」 文章書くのがすごくすごく苦手です。 というより自分のボキャブラリー的に余り文章力に自身が無いんです。 だからなるべくなら、文章は書きたくないと思っていました。 人と話していても良く言葉足らずだと言われます。 で…

協力隊という仕事に感謝

1月17日に全国地域おこし協力隊フェアが東京ビッグサイトで行われました。 茨城県稲敷市でも来年から新たに協力隊を3名募集する宣伝のため出展しました。 あ!詳細はこちらをチェック! 仕事としての参加ではありましたが、 久しぶりの協力隊の再開を楽…

稲敷市で素敵なお寺を見つけました♪

稲敷市内にこんな素敵なお寺がある何て!! その名は・・・・ 逢善寺。 門から入るとドーンとお寺の本殿が見え、 境内には木彫りの仏像や大きな閻魔様がいて、天井には天女の絵、 神秘的な雰囲気でした。 逢善寺は、平安時代から続く歴史あるお寺との事。 近…

苦労した人は優しい

年明け最初の仕事で、稲敷市で一番古くからの和菓子屋さん 『山崎菓子舗』の取材に動向させていただきました。 かりんとう饅頭や、さかまん、コーヒー饅頭など 個性的な和菓子を中心として販売しているお店です。 明治から和菓子屋さんとして営業を始め、 大…

稲敷市の移住・定住サイトができました!!

5月の頭からずっと準備し続けてきた、移住・定住ポータルサイトがついにOPENしました!!! ここから入れます: トップページ | 稲しき家族 -稲敷市移住定住-公式ホームページ ここまでの道のりは長かった・・・ 一応、地域おこし協力隊の移住・定住コ…

地域のヒーロー稲敷いなのすけ

たまにですが、 稲敷いなのすけのアテンドをする事があります。 稲敷いなのすけは、 豊かな自然から生まれた犬の姿を借りた妖精。 稲穂のような耳とかぼちゃの帽子がお気に入り。 そんな、いなのすけの横に立っていると知らない間に沢山の人に囲まれます。 …

オオヒシクイがやって来た!

稲敷市に、11月頭にオオヒシクイがやって来ました。 オオヒシクイは、稲敷の干拓地へ家族単位で飛んできます。 「グワーグワー」と声がして、空を見上げると小さな点のような固まりがポツポツ。 段々、クルクルと空を回りながら降りてくる姿はまるで、飛行…

商店街が輝く

稲敷市で協力隊として活動するなか、 商店街を支える地域の人々に、教えられる事が多すぎて、発想に驚かされました。なかでも、11月15日に開催された笑遊祭のワーゲンミーティングは素晴らしかった(*^^*)サビサビになった江戸崎商店街が、レトロなワーゲンが…

秋を追いかける

秋が来た。 寒さと共に。 秋刀魚や栗や柿の秋の味覚を味わい実感。 稲敷を車で走っているだけでも秋を感じる。 秋に追い駆られている事の方が多くてあっという間に冬になりそうな気がする。 でもそんな中、1つ秋を追いかけれらる物をこの前見付けた。 秋に…

懐かしの味

稲敷市になんとも不思議なタイ料理屋ができました。 OPENと書いてあるので入ってみると店内は真っ暗で、 お客はいません。 店内には、店の従業員らしいタイ人の人が3・4人。 「あ~失敗したなぁ~」と思いながらメニューがくるも ボロボロで値段が書い…

魅力はまだまだ眠っている

茨城県は、今年も魅力度ランキングで3年連続最下位です。 そうは言っても私にとっては魅力的な地。 まだまだ、世間の人が知らない茨城県の魅力が沢山あると思うんです。 元々、茨城県民の人は 「ま〜東京も千葉も近いし、特に人に来て欲しいとも思わないな…

歩いてみれば魅力は必ず見えてくる

久しぶりのブログです。 最近、商店街のマップ作りの話があり頭を抱えていました。 商店街のセミナーに参加して話を聞いてもどこも同じような悩みばかり・・・ 『新しい何か』を作らなければならない話ばかりでどうも納得いかない。 「変わらない良さ、懐か…

夏の閉めは・・・・

夏の閉めは・・・・ 花火でしょ! 稲敷市で花火大会がありました。 前から聞いていたのが、 「花火がバラバラ振ってくるよ」とか 「把握力が普通の花火大会とは違うよ」とか 「ま~そ~は言っても地域の花火大会でしょ」と思っていました。 当日、朝からいつ…

みんなで食べる夏の味

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」 夏休み中のはーちゃんは、東京からお母さんの実家の茨城に戻ってきました。 シティーボーイのはーちゃんは、田んぼや畑に囲まれた田舎の景色に大興奮。 蝉がミンミン鳴く、暑い暑いなか虫取り網と…

稲敷の夏で成長する

稲敷の夏を伝える写真を撮るために、 小さい子供にお願いして写真を撮らせてもらいました。 一日汗をびっしょり掻いて、 走り回り、 暑さでホッペをまっ赤にして、 笑顔で食べているカキ氷はルビーのように輝いていて、 最高の笑顔を見せてくれました。 子供…

稲敷市に癒されて

最近、夏ばてか仕事をしていても頭がポーとなることが多い。 ちょっと疲れたかな? 『地域おこし協力隊』という形で仕事をするなか、 走り続ける時もあれば 立ち尽くしてしまいどこに自分がいるのかわからなくなる時がある そんな時、 地域の人と話したりす…

人と人が繋がって地域は変わる

この人とこの人を合わせたら何か化学変化がおこるはず。 少しずつ、動き出した。 昔話を伝える人、昔話を語る人、それを訳す人、絵にする人、映像にする人。 地域の人と夢を沢山もっている人を繋げていく。 すると、目が輝き出す。 キラキラしてる。 自分も…

江戸崎昔話「満月ふたつ」

稲敷市には沢山の昔話しがあります。 これを沢山の人に知ってもらおうと、今ミニ絵本を作成する準備をしています。 人形劇に出来たら楽しいかもなぁ。 今日はそんな稲敷の江戸崎に伝わる昔話しをご紹介。 満月ふたつ 昔々、ここいらは木や草がうっそうと茂る…

すみれ地図を描く

最近、仕事で稲敷市の地図を作っています。 地図といっても、限定した場所のオオザッパなもの。 『商店街』や 『ゴルフ場』やら 『産直市』 人によって求めている地図は違うもの 大きな地図は以外とあるんだけど 限定した場所の地図て余り無いなぁと思い作っ…

暑い熱い日

『窓を開けた景色』 ああああ。 なんて暑いんでしょ外に出た瞬間からモンとした空気家に帰ってモンとした空気 でも、窓を開けると鳥のさえずりが聞こえます。チュンチュンだとか ピーピーだとか ピヨピヨだとか ホーホケキョだとか多分、 スズメにヒヨドリに…

がんばっぺ

稲敷市の住民の人と会うと、いつも沢山の元気をもらう。 地域おこし協力隊なんて大層な名前をもらい活動しているが、 よっぽど、住民の人たちの方が地域のために活動していると感じることが多い。 島根にいる時もそうで、 私が何か発想したり、 考えるより、…

空いてないようで空いているお店たち

「どうみても、空いてないだろう」 と言いたくなる店が商店街に山ほどある。店先のショウケースには、 色あせた商品サンプルが並んでいて 値段も書いていない店。店の入り口にカーテンが下げられている店。なんだか入りずらい店が多い。 でも、入ってみると…

本当の豊かさ

今日、人口減少対策室の室長がこんな話をしていた。 「お金は少しで良い、心の豊かさを感じる場所、そんな場所にならないか。」 「スローライフという言葉が急に出なくなった。」 「年金が減りそんな余裕は無くなったんだろう」 仕事をしながら、農業をする…

住める田舎

稲敷てどんなとこ? 稲敷にずっと住んでる人からすると 「中途半端なんだよね、田舎加減がさぁ」と言う。 スーパーはある。 病院もある。 バスもある。 商店街もある。 田んぼもある。 綺麗な空き家もある。 居酒屋もある。 でも、 駅がない。 ビルがない。 …

お洒落看板たち

江戸崎商店街には素敵な看板が沢山あります。なんだかタイムスリップしたような そんな感覚になります。 この看板の前で昭和レトロな洋服来て 写真とりたいなぁ今度、カメラを持って 古着屋さんで レトロなお洋服買って 自分用の写真集作ろうっと!